忍者ブログ

[PR]

2017-04-29 12:25

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

古明地さとり

2011-04-10 17:24


古明地さとり
東方地霊殿4面ボス
心を読む程度の能力 
妖怪の覚は、基本的に相手の思っていることを先に言うという妖怪、 山びこ等と同じような物ではないかとされることがある。 つまり相手の動き等を真似する類の妖怪の一種、という考え方。 あまり頭がよくないのか、言う事によって怖がらせているのか・・・。 しかし、覚は山で働く人々と共存していたとする話もある 心が読めても、それだけでは嫌われるとは限らない様子? さとりは催眠術の併用技で以前は猛威を振るっていたのかもしれない 地霊殿に出てくるキャラは全体的に鬼と呼ばれる事がある妖怪が多い。 土蜘蛛のヤマメ 橋姫のパルスィ 鬼の勇儀 覚のさとり、こいし 火車のお燐 皆鬼といわれる事がある。(覚が鬼と呼ばれるのは殆どありませんが) 別に鬼とよばれる事の妖怪なんてごまんといますが、 やはり旧地獄だからと思えなくも無いですね いずれもう少し見てみたいです。 参考文献等(クリックで展開)
PR

ブログ内検索

このブログについて

言霊薬缶
主に東方の元ネタ探求や、話の筋を考察しています
基本的に妄想、愚考だったりするので適当な気分で解釈してもらえれば幸いです。
画像は二人で作っていたりします