忍者ブログ

[PR]

2017-12-16 10:12

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

因幡 てゐ

2011-04-01 21:57


因幡てゐ。
東方永夜抄5面中ボス
人間を幸運にする程度の能力

画像の方に入れられなかった事等を軽く触れていこうかと思います。

<年齢について>
詳しい年齢は分からないものの、てゐは妖怪数多の幻想郷の中でも、長生きしている長寿の兎とよく言う。
大国主に会った因幡の素兎だったとすると、永琳には負けるが
神奈子と思われる八坂刀売神の夫、建御名方神が大国主の息子であることから
神奈子よりは歳が上かもしれない。(神様の年齢は何とも言えないので、目安的に。)


<迷いの竹林>
昔は高草郡と呼ばれていて、大津波で幻想郷に流れ着いた。
高草郡は以前鳥取にあり、因幡の素兎の舞台の元とも言われている。
因幡の素兎では淤岐嶋(おきのしま)、とされている。隠岐の島や、
ただ単に沖の島なのではとも。
一応淤岐島という名前の島も今現在鳥取にある。
大津波で幻想郷に流れ着いてしまったのは、やはり幻と実体の境界の例に漏れず
幻の存在になってしまったから、なのかもしれない。

てゐはスペルカードが少ないので一枚で済みました。 迷いの竹林と共に未だ謎が多く、永夜抄には儚月抄という続編がありましたが まだ何か触れられる時がきたりするんでしょうかね・・・。

参考文献(クリックで展開)

PR

ブログ内検索

このブログについて

言霊薬缶
主に東方の元ネタ探求や、話の筋を考察しています
基本的に妄想、愚考だったりするので適当な気分で解釈してもらえれば幸いです。
画像は二人で作っていたりします